これからの時代は、携帯電話で稼ぐ!
ヤフオクで、あり得ないほど稼ぐ副業術

就職支援情報って?(・ω・)b

就職支援情報って?

就職支援情報では、これからあなたが、就職・再就職するための支援するサイトです。

初めて就職する方・再就職する方・面接で落っこちた方など、就職での不安や悩みを解決してください。

きっとあなたのお役にたてると思います。

就職する目的(・ω・)b

目的をはっきり持つ

就職支援情報では、これからあなたが、就職・再就職するための支援するサイトです。

就職・再就職するには、必ずしも目的が大事です。 目的をはっきり持っていないと、就職・再就職するにもなかなか出来ないのが事実です。

あなたは、どうしたいのか?。

例えば、公務員になって安定収入を得たいのか?。それとも、手に職をつけて、将来は自営でバリバリがんばっていきたいのか?。

考え方はいろいろとあるかと思います。

時代の先を読んで、就職する人はあまりいないと思いますが、これから何が伸びてきて、何がダメになっていくのか?って考えるのも大事です。

これから就職・再就職を考えているあなたは、じっくり考えてみるのもいいかもしれません。

就職・再就職には、目的は大事です。

公務員の種類(・ω・)b

 公務員とは?!

就職支援情報では、これからあなたが、就職・再就職するための支援するサイトです。

公務員は、勤務する機関の違いによって国家公務員と地方公務員の2つに大別される。

国家公務員とは、国の各機関の職員、特定独立行政法人の役員及び職員。

地方公務員とは、地方公共団体の職員、特定地方独立行政法人の役員及び職員。

その中にも公務員の種別というのがあります。 特別職・一般職・行政職・教育職・医療職・研究職 ・公安職 というものがあります。

【特別職】

公務員の職のうち、選挙によって就任する職(国会議員、地方公共団体の長、地方議会議員など)、任命権者の裁量により政治的に任命することが適当とされている職(国務大臣、副大臣、内閣法制局長官など)、任命に国会・地方議会の議決もしくは同意が必要とされている職(人事官、検査官、副知事、助役など)、権力分立の原則に基づき内閣の監督から除かれるべき立法や司法の各部門における職(裁判官、裁判所職員、国会職員)、職務の性質から特別の取り扱いが適当な職(宮内庁の幹部職員、防衛省の職員など)の職をいう。これらの服務等に関する条件は、原則として国家公務員法または地方公務員法の規定が適用されず、個別に取り扱いが決められている。

【一般職】

特別職以外の職員すべてをいう。すなわち、いわゆる事務職員だけではなく、技術職員、警察官、消防吏員、海上保安官、教員なども含まれる。

【行政職】

,p>一般の行政事務に携わるものをいう。採用試験で法律、経済などの区分から採用された事務系職員(事務官、事務吏員)と、土木、機械工学、農業などの区分から採用された技術系職員(技官、技術吏員)などがいる。

【教育職】

教員。教育行政に携わるものでも、教育委員会や学校の一般事務を担当する者は、行政職である。

【医療職】

公立病院における医師、歯科医師、薬剤師、看護師や、役所における保健師、栄養士などが含まれる。

【研究職】

公立の研究機関や検査機関の技術系職員。博物館や美術館の学芸員は研究職として採用する自治体と行政職として採用する自治体がある。

【公安職】

警察官、海上保安官、消防吏員など、治安・安全に関係する職にあるもの。公安職に含まれる公務員の職は、職務の特殊性から労働三権が保障されていないものが多いが、皆無ではない。

面接時のコツ1(・ω・)b

面接時のコツ1とは

就職支援情報では、これからあなたが、就職・再就職するための支援するサイトです。

面接を受けるときのコツがあります。少し、コツを覚えている方が面接での緊張が和らいだり通りやすくなりますので、覚えていてください。

『面接時の会話のコツ』

企業に就職する時に、必ず面接官との会話が重要になってきます。 では、どのような会話が望ましいのでしょうか?。

逆に考えると分かりやすいです。

面接官は、あなたがどのような人間なのかを知ろうとしています。 しかも、限られた短い時間です。

その中で、あなたに質問をしてきます。その返答の仕方がとても大事になってきます。

要は、質問の返答の仕方のちょっとしたコツさえ覚えておけばいいです。

コツは、面接官があなたに質問ししやすく答えるって所にあります。

例えば、

面接官:「バイトをしたことがありますか?。」と質問されたとします。

あなたの答え:「はい。吉野家で接客兼厨房に入っていました。1年ほどバイトをしていました。」

このような返答をすると、面接官に具体的にわかりやすく、イメージがわきやすく伝えれます。

相手に話している内容を、相手の頭の中でイメージさせるような話し方が望ましいでしょう。

面接時のコツ2(・ω・)b

面接時のコツ2とは

就職支援情報では、これからあなたが、就職・再就職するための支援するサイトです。

面接官の質問と質問の意図に対して的確に答える必要がとても大事です。

面接は、一方通行ではありません。

あくまでも言葉のキャッチボールですので、受け取ったボールを投げ返す時には、きちんと相手に投げ返す必要があることはおわかりだと思います。

きちんと相手に投げ返すとは、相手の聞きたいことにきちんと答えることです。

もし、自分でどうしても質問の回答がズレてしまうことが多いと思うんでしたらいい方法があります。

答えるときに、質問を繰り返すことをお勧めします。

例えば、

面接官が、「学生時代にクラブをしていましたか?。」と質問してきたとしましょう。

その時のあなたの答え方は、「学生時代にしていたクラブは・・・・」みたいに、質問を繰り返して質問に答える方法がいいでしょう。

この方法で、面接官の質問がぶれることが無くなります。 覚えていてください。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。